ダサくない、カッコいい生き方を

岡村天翔(21) / cafe&bar TEN / 下北沢 / 東京

 

夢を叶えるため、東京へ。

「映画監督になりたい」その一心で、高校卒業後に上京。

映画関連の大学に進学し、映像関係の勉強を始めました。

程なくして入学後すぐに知り合いから助監督の仕事を紹介され、本格的に映画の世界で働くことに。

そのタイミングで大学を辞め、仕事一本に集中する決意をしました。

 

しかし飛び込んでみた映画の世界は、想像を絶する過酷な世界だった。

1ヶ月間の労働時間は540時間を超えていたけど、それでも必死で喰らいついていましたね。

でもその結果うつ病を患ってしまい、映画の道から離れることにしたんです。

 

 

映画の世界から、バーの世界へ。

映画の仕事を辞めたあと、次の仕事として選んだのがバーでした。

元々お酒が好きだったのと、高校生までずっとバーでバイトをしていたのもあったので。

でもバーの世界も、やっぱり厳しい世界でした。

こんなこと言っていいのかわからないけど、低賃金・長時間労働は当たり前だったりする。

そんな中で約2年間修行を経て、やっと今のTENを開業するまで至りました。

「20歳で独立する」というのがずっと目標で、なんとか達成することができて嬉しかったですね。

 

 

若い人にも、本物を知ってほしい。

年齢に関わらず、本当に美味しいものを知っているって大切だと思うんですよね。

極端に言うと、「安酒で満足するような人間になるな」って感じですね(笑)

だから下北沢の中でお酒の種類は一番多く取り揃えているし、リクエストがあればなんでも作れます。

 

一方で敷居の低いお店にすることも、こだわりの1つです。

若い人にもお酒の本当の美味しさを知ってほしいので、チャージ料は取らないですし、全体的に価格も抑えめ。

あとは、メニューを置いていないのも工夫の1つですね。

実際メニューを見てもよくわからないことが多いので、お客さんの好みを聞きながらお酒を提案するスタイルにしています。

ウイスキーがあまり飲めなかったお客さんも、自分に合うものを見つけてからウイスキーが好きになったことも多くあるんですよ。

でもやっぱり、お店に来てくれたお客さんに笑顔になってもらうことが一番!!

 

 

若者へ、伝えたいこと。

若い人、特に大学生に美味しいものを知ってもらいたい。

そして知らない世界を知ってもらいたい。

様々な職業に就いている社会人と話ができたり、なかなか聞くことのできない話ができる貴重な経験ができるバーは、本当に面白いです。

 

あとは、やっぱり楽しく生きてほしい!

ダサくないかっこいい生き方をしよう。

 

=====

岡村天翔(21)

下北沢 / 東京

趣味:お酒 / ヘビーメタル / 映画

 

cafe&bar TEN

営業時間:20:00~翌5:00

定休日:毎週月曜日

最寄り駅:下北沢駅

住所: 〒155-0031東京都世田谷区北沢2-34-11 リアンビル2階

TEL:03-6804-8157